足首の捻挫は不慮の事故ではない!

スポーツをしている多くの人が
経験したことのある足首の捻挫。

スポーツ障害の中でも
足首の捻挫は、

不慮の事故として、

予測・予防できないもの

と考えられていますが、
本当にそうでしょうか?

 

足首の捻挫をする場面を
思い浮かべてみてください。

(ここでは、足首外側の靭帯を
捻挫するケースについてお話します)

➡ 足場が悪くて、
足首をひねってしまった。

➡ ジャンプの着地に失敗して、
足首をひねった。

➡ 相手の足を踏んだ時に、
足首をひねった。

この辺りが多いケースでしょうか。

 

さてここで、

捻挫を予防するためには、
2つの対策が考えられます。

  1. 走るときの接地やジャンプの着地時に、まっすぐに足が着けること!

  2. 本当に運悪く足首をひねってしまった時に、足首にかかる力を分散させること!

1つ目:
走るときの接地やジャンプの着地時に、
まっすぐに足が着けること!

股関節が硬く上手く使えていない場合、
足をほんの少し内側に接地してしまうことで、

足首をひねりやすくなります。

また、なんらかの理由で、

体重のかかるラインが
微妙に外側に寄っている場合も

足首をひねりやすくなります。

これらは、

股関節の柔軟性を獲得し、
股関節の中心で
体重をとらえられるようになる

と改善することができます。

 

2つ目:
本当に運悪く足首をひねってしまった時に、
足首にかかる力を分散させること!

とは言っても、

足場が悪かったり、
相手の足を踏んでしまったり、

運悪く足首をひねってしまう
こともありますね!?

 

その場合、足首に隣接する
足趾や膝だけでなく

股関節や背骨を
柔らかく使うことができると、

足首にかかる負担を
分散させることができるので、

“捻挫”という靭帯損傷にはなりません。

 

体全体が硬いと、
足首にかかったストレスを

どこにも逃がすことが出来ないので、

過度のストレスがかかり、
靭帯損傷が起こります。

1025nenza

片足立ちを
後ろから見てみてください。

ゴウくんの場合、片足を挙げたとき
右も左も少し外側に寄っています。
(トレーニング開始前の状態です)

着地の時に足を内側に接地して、
捻挫しやすいかもしれないですね。

 

お子さんの片足立ちも
ぜひチェックしてみてくださね(^_-)-☆

バランスが取れなかったり、
大きく外側に体が傾く場合は

要注意ですよ!!

 

なにか不安なことがあれば
いつでもご相談ください。

体験レッスンも受付けています。

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

 

【ブログ読者10月限定】
体験レッスン特別割引

通常¥5,000 → ¥1,980

※おかげさまで、10月中の予約枠が残りわずかです。
ご検討中の方は、お早めにお申込みください。

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、

速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上

および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

 

子どもの成長に役立つ情報を配信しているアプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告など自由に更新してます!

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/

関連記事一覧

PAGE TOP