ぎっくり腰の一因😲腰の反り過ぎに要注意!!

成人の80%
一度は経験したことがあるという腰痛。

あなたは大丈夫ですか?

腰が反り過ぎて固まっている😨
のは、腰痛の大きな原因の一つです。

腰が反り過ぎていないか
の評価として、

私はいつも
立位体前屈の柔軟性を確認します。

 

立位体前屈の評価で着目しているのは、

・頸部~胸まわりの脊柱の柔軟性

・腰部の脊柱の柔軟性

・骨盤の動き

・股関節の動き~太もも後面の柔軟性

 

手が床に着くかどうかよりも、

どこが動いていて、
どこが動いていないのかを確認します。

手は床に着くけど、
脊柱の動きは固い😲

ってケースも結構あります。

(これから紹介するのは、脊柱も股関節も固いケースです)

20170131blog2

立っている姿勢でも
腰が反っている彼は、

立位体前屈をしたときに、

腰部がほとんど弯曲していない
のがわかるでしょうか?

腰部の骨=腰椎は
5つの骨が連なっていますが、

それらが固まって
可動性が低下しています。

 

立っている姿勢では、

体が前傾し、前もも~腰部の筋が
過度に収縮しています。

普段から常にこのような姿勢を
取っているために、

腰椎が固まってしまったんですね💦💦

 

腰椎が反ったまま固まっていると、

ほんの少し回旋などの動きが
加わっただけでも

関節に負担がかかり、
ぎっくり腰などの症状を引き起こします!

 

腹部~腰まわりの力が入りにくく、
重い物を持ち上げる時などには、

余分なストレスが腰にかかる
ので疲れやすく、

繰り返し行っているうちに
痛みが生じます。

20170131blog

あなたの腰は
反り過ぎていませんか?

お子さんの腰はどうでしょうか?

 

腰部の固さを改善するための
スパイラルストレッチを紹介します。

 

スパイラルストレッチは、
腰椎の可動性を改善するのに、

かなり劇的な効果がある
ストレッチなので、

ぜひ一度やってみてくださいね😉

 

しかし、
“腰の反り過ぎ”には、

立っている姿勢が
大きく関係しています💡

スパイラルストレッチで
腰椎の可動性が一時的に改善しても、

残念ながら、
根本的な解決にはなりません!!

立っている姿勢から
改善していく必要があります。

 

2月から開催予定の
🌷大人の体操教室🌷では、

全身の柔軟性を向上するための
ストレッチに加えて、

姿勢を改善するための
体操を行っていきます。

☑姿勢を改善したい方

☑慢性的な腰痛を軽減したい方

☑いつまでも軽やかに動ける身体を作りたい方

 

🌷大人の体操教室🌷の詳細は、
近日中に発表します!!

楽しみにしててくださいね✨✨

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

☆初回60分体験レッスン受付中☆

(☝クリックすると詳細を確認できます。)

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、

速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上

および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

 

子どもの成長に役立つ情報を配信しているアプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp
※1月アプリ限定コラム「最も多いケガ=足首捻挫の予防方法!」毎週火曜日に配信中。

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告など自由に更新してます!

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/

関連記事一覧

PAGE TOP