痛みの原因は局所にあるとは限らない

病院(整形外科)で診てもらい、

レントゲンとMRI上
異常がないって言われたのに、

なんかスッキリせずに
痛みは続いている

そんな経験したことないですか!?

こんにちは。
Motto代表のみゆきです(^^)/

 

昨日、ちょっと特別に
大人の方にトレーニング指導しました。

「レントゲンで異常なしと言われたのに、
しゃがんだ時の痛みが取れない」

「スポーツをしていても、
上手に踏ん張れない」

というのが
主訴(本人が困っていること)でした。

 

しゃがむ動作をチェックしてみると、

  • かかとを着いたまま、お尻を下までしゃがめない。
  • 右膝には痛みがある。

という状態でした。

 

いろいろ評価してみると、

前ももが硬くて、
膝の曲がりを制限していました。

「正座もできない」と言われていたのですが、
前もものストレッチで正座はすぐに獲得。

 

さらにみていくと、

背骨(胸椎~腰椎)の動きが
制限されている。

  • 背骨と太ももの骨をつなぐ唯一の筋肉(=大腰筋)が硬く、上手く収縮できない。
  • 大腰筋と一緒に働くはずのもも裏の筋肉(=ハムストリングス)も働いていない。
  • しゃがむ時には、前ももの筋肉(=大腿四頭筋)が過剰に働く
  • 前ももが短縮し、膝の曲がりを制限し、痛みが発生している。

(もっと細かくみれば、その他の要因もありますが、ここでは割愛します)

ざっくりと書いてみましたが、

解剖学の知識がないと
よくわからないですよね💦💦

つまり、

背骨の固さが、巡り巡って
膝の痛みを引き起こしていました。

 

脊柱の可動性を改善し、

股関節まわりの筋肉が働きやすくなる
ようなトレーニングをした後は、

しゃがんだ時の膝の痛みは
消失していました😄

 

何が言いたかったかと言うと、

痛みが出ている部位が
「膝」だとしても、

その原因が「膝」自体にある
とは限らないのです。

特に、

「レントゲンやMRI上で
異常がなかった」

という場合には、

姿勢や体の使い方が、
その痛みの発生に大きく関与しています。

20170202blog2

☑姿勢が悪い

☑体の使い方が下手で、力に頼ってスポーツしている

☑同じ部位の痛みを繰り返している

 

そんなお子さんは要注意です❢❢

今回、大人の事例を紹介しましたが、

今は「レントゲンやMRI上の以上がない」
状態でも、

関節に負担をかけた運動を続けていると、

スポーツ活動を中止せざるを得ない重篤な
怪我を引き起こす可能性があります。

 

正しい体の使い方を習得して、

それらの怪我を
早めに予防していきましょう!!

からだRe創作Mottoでは、

初回60分体験レッスンで、
全身のフィジカルチェックも行っています。

お子さまの身体に不安がある方は、
いつでもお気軽にご相談ください。

お子さまが、スポーツで
活躍できるよう応援しています。

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

☆初回60分体験レッスン受付中☆

(☝クリックすると詳細を確認できます。)

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、

速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上

および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

 

子どもの成長に役立つ情報を配信しているアプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp
※2月アプリ限定コラム「股関節の機能を高めるインナースクワット」毎週火曜日に配信予定。

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告など自由に更新してます!

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/

関連記事一覧

PAGE TOP