肉離れが起こりやすい部位とその原因&対処法③ 〜ふくらはぎ〜

あなたは“肉離れ”と聞いて、
どの部位を思い浮かべましたか!?

太もも前側と裏側の肉離れについては
少し前のブログでお伝えしました。

まだ読んでいない方はこちら👇

<太もも前側の肉離れ>

肉離れが起こりやすい部位とその原因&対処法①

<太もも裏側の肉離れ>

肉離れが起こりやすい部位とその原因&対処法② 〜ハムストリングス〜

今回のブログは、
ふくらはぎの肉離れについてです。

柔軟でしなやかな姿勢とからだ作りで
子供の運動神経を高めるスタジオ
Motto代表のみゆきです(^^)/

 

☑運動後にふくらはぎが疲れやすい
☑よく脚(ふくらはぎ)が攣る
☑ふくらはぎが異常に発達している

そういうお子さん達は要注意⚠

ふくらはぎを使い過ぎているので
運動量が増えた時に
肉離れ起こすかもしれませんよ😱

続きをしっかり読んで
今から予防していってくださいね!

 

まず、真っすぐ立った時に
前傾姿勢になるお子さんは

つま先寄りに体重をかけているので
ふくらはぎに力が入りやすくなります。

体重をかける理想の位置は、

内くるぶしと外くるぶしを結んだ
ラインのちょうど下あたりです❕❕

しかし、
体重をかける位置を修正しても

ある部分が使えていないと
ふくらはぎを使い過ぎることになるんです😲

 

そのある部分とは、
股関節の前側に付いている大腰筋

とある研究で
歩く時の筋電図を調べたところ

この大腰筋とふくらはぎの筋肉には
反比例の関係があったそうです。

つまり、

歩く時に大腰筋を使う人は
ふくらはぎの筋肉を使う頻度が少なく、

歩く時に大腰筋を使っていない人は
ふくらはぎの筋肉を多く使います。

 

日常生活で歩いている程度であれば
肉離れの心配はしなくてもいいですが

思いっきり全力で走ったり、
飛んだり跳ねたりする場合には

大腰筋が十分使えていないと
ふくらはぎを使い過ぎてしまい

肉離れを起こすリスクが高くなります😖

 

大腰筋が使えているかどうかは
インナースクワットが上手に出来るか
どうかである程度判断できます💡

⇧このポジション取れたらOKです👍

膝が内側に入っていたり
前に出過ぎていたり、

お尻が下まで落とせなかったり
頭の真下にお尻がなかったら

おそらく大腰筋が
上手に使えていません👆

 

大腰筋を使いやすくするための
Tレフストレッチのやり方動画を
添付しておきますね。

大腰筋は、
とても大事な筋肉なのに

硬くなりやすいので
しっかりケアしてあげてくださいね😉

明日のブログでもう一つ

大腰筋の機能を高めるための
トレーニングを紹介します。

楽しみにしていてくださいね✨

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
姿勢改善&ケガ予防だけでなく
運動能力をアップさせるための
適切なアドバイスを行います。

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上
および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

子どもの成長に役立つ情報を配信している
アプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp
毎週火曜日夜7時に配信📨
2月の【アプリ限定コラム】は、
“速く走るためのインナースクワット”です。

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告などMottoの最新情報を配信!!
ページへのいいね!大歓迎です💕

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/



PAGE TOP