膝の成長痛≒オスグッド病の豆知識&予防法1⃣

子どもの成長痛と言えば、

膝(ひざ)のお皿の下が痛くなる
オスグッド・シュラッター病
(以下、オスグッド病)

これから何回かに分けて、

その病態と予防方法
+痛くなってしまった時の対処法

をお話していこうと思います😃

子どもの成長痛の豆知識
~オスグッド病~

【目次】

  1. オスグッド病について

    ①成長期の骨の仕組み
    ②オスグッド病の病態とメカニズム
    ③起こりやすい年齢と性別
    ④起こりやすいスポーツ種目

  2. オスグッド病の予防法

    ①立ち方と歩き方
    ②オスグッド病の予防ストレッチ
    (3種類)
    ③オスグッド病の予防トレーニング

  3. オスグッド病の対処法

    ①痛みが出た時に最初にすること
    ②安静期間とスポーツ復帰の時期
    ③オスグッド病のリハビリテーション

オスグッド病について

あまりにも有名なので、
名前くらいは聞いたことがあると思いますが、

意外とその病態は知らないですよね。

オスグッド病とは、

成長段階のお子さんに発症する
膝下の骨=脛骨の剥離骨折です!!

ジャンパー膝と言われる膝蓋靱帯炎と
よく混同されますが、

膝のお皿の下にストレスがかかる
メカニズムはほとんど同じです。

骨が未熟な時期にストレスがかかり
剥離骨折を起こしてしまうのが
オスグッド病

骨が成熟して硬くなってからストレスがかかり
膝蓋腱(靱帯)に炎症を起こすのが
ジャンパー膝です。

 

①成長期の骨の仕組み

子どもの頃の骨には、

「成長軟骨」と呼ばれる
骨が成長するための柔らかい部分があります。

レントゲンを撮ると
骨にくっきり線が入っていて、

その線は「骨端線」と呼ばれています。

骨端線があるうちは、
骨は成長を続けており、

この成長軟骨の部分が
筋肉に強く引っ張られると

痛みが生じやすく、
重度の場合は剥離骨折となります。

オスグッド病の他にも、
・内側型の野球肘
・シェーバー病(踵の痛み)

は、成長軟骨が引っ張られて生じる障害です。

 

②オスグッド病の病態とメカニズム

成長軟骨の部分が
筋肉に過度に引っ張られて生じるのが

成長痛の原因です💡

「大腿四頭筋」と呼ばれる
前ももの大きな筋肉は、

膝のお皿の下の部分に付着しています。

まさに成長軟骨の部分です❕❕

つまり、

使い過ぎで硬くなった前ももの筋肉が、
膝下の成長軟骨を過度に引っ張ることで、

オスグッド病が発症します。

 

③起こりやすい年齢と性別

小学5年生~中学2年生くらいの
男の子👨

に起こりやすいと言われています。

身長が1年間に7㎝以上伸びているときに
起こりやすいようです。

 

④起こりやすいスポーツ種目

・サッカー
・野球
・バスケットボール
・バレーボール
・陸上競技(短距離)

あまり競技種目に限らず、
走ったりジャンプしたりを繰り返すことで

誰にでも起こり得る障害です。

 

次回のブログで、
2.オスグッド病の予防法

をお話ししますね😉

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

初回体験レッスン受付中

詳しくはこちら

子どもの体軸グループレッスン

5月21日(日)開催

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上
および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

子どもの成長に役立つ情報を配信している
アプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp
毎週火曜日夜7時に配信📨
5月の【アプリ限定コラム】は、熱中症の対策と予防法についてです。

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告などMottoの最新情報を配信!!
ページへのいいね!大歓迎です💕

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/

 

関連記事一覧

PAGE TOP