筋力をつける前に見直したい姿勢(立ち方)と体の使い方

若い頃からの運動不足によって
前もも(大腿四頭筋)の筋力が低下したことが、

変形性膝関節症を引き起こして
膝が痛くなる原因の一つだとしたら、

若い頃からの運動を推進する
理由付けになる!!

と思って調査を始めてみたけれど、
結果は全然違ってました😓

Motto代表のみゆきです(^^)/

 

昨日のブログの続きです。
(⇧読んでない方は先にこちらからどうぞ)

変形性膝関節症で膝の痛みを訴えて
リハビリ中の患者さん達に、
若い頃の運動習慣を調査したところ

意外と運動してた人が多い!!

しかも40歳代や50歳代まで
運動を続けていたという人もチラホラ👀

逆に、
運動は全然してなかったって人もいて、

結局、運動習慣と膝の痛みの関係は
導き出すことが出来ませんでした😄💧

 

運動習慣があったから筋力がある
という訳でもないけれど、

体を動かすことが好きで、
習慣的に運動している人でも

変形性膝関節症と診断されて
膝の痛みを訴える人がいて、

「前もも(大腿四頭筋)の筋力が弱いから、
膝で体重を支えられずに痛みが出る」

という考え方は、
どうしても納得が出来ずにいました。

 

そうして出会ったのが、高岡英夫先生の
身体運動論&身体意識理論

上手な体の使い方が出来る人は、

前ももの筋肉(大腿四頭筋)
をそれほど使わずに立っている。

大腿四頭筋だけでなく
筋肉の余分な力を使わずに立つために
重要なポイントは、

  • 体重をかける位置
  • 腰から股関節まわりの筋肉の使い方

筋力ではなくて“使い方”です💡
筋力はそれほど必要ではありません。

上手な立ち方&使い方が出来ると、
自然と姿勢は良くなります。

当然、膝にかかる負担は激減します。

これが出来ていないために、
膝まわりの筋肉に余分な力が入ってしまい、

それが膝への負担となって
痛みが生じているケースが多いです😓

⇧四股立ち⇧
本当はもう少し前ももの力が抜けるといい
ですが、私もまだまだ練習中です💦

さて、変形性膝関節症は、
大人になってから発症する疾患ですが、

立ち方(姿勢)や体の使い方が悪いと
膝だけでなくいろんな部位に負担がかかり
痛みや疲労感として現れます。

子供の頃に経験する怪我や痛みも
これが原因であることがほとんどです!!

 

お子さんの姿勢は大丈夫!?
運動後に脚がパンパンなんてことはないですかぁ!?

立ち方(姿勢)を改善するだけで、
その痛みは消失するかもしれません!!

気になる方は、
お気軽にご相談くださいね😉

お子さまの体の状態に応じて
適切なアドバイスをさせていただきます💕

早いうちに姿勢を改善させて、
健康な体を作っていきましょう!!!

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

初回体験レッスン受付中

詳しくはこちら

6月中に限り、1日1名様限定!
通常¥ 5,400 ⇒  ¥4,200 (税込)
※「ブログを見た」とお伝えください。

子どもの体軸グループレッスン

6月25日(日)開催

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上
および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

子どもの成長に役立つ情報を配信している
アプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp
毎週火曜日夜7時に配信📨
6月の【アプリ限定コラム】は、
“踵の痛みは万怪我のもと!!シェーバー病の予防と対策”です。

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告などMottoの最新情報を配信!!
ページへのいいね!大歓迎です💕

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/

関連記事一覧

PAGE TOP