プロサッカー選手たちから学ぶドリブル中の身体の使い方~姿勢編~

前回のブログの続きです!

プロサッカー選手たちの
プレー中の身体の使い方
についてお伝えしています。

今回は②プレー中の姿勢が良い
ことについてお伝えしていきます。

 

良い姿勢とは?

今回お伝えする「良い姿勢」とは

背中が丸まり過ぎておらず、

肩の力が抜けており

インナーマッスルが使えている状態

のことを言います。

 

今回は「姿勢」の話なので、
「動き」という視点とは
少し異なるのですが、

プロ選手の多くはドリブルの際に
背中が丸くなり過ぎるシーンが
あまり見られません。

それではプレー中に姿勢が良いことで
得られるメリットについてお伝えします。

 

周りが見えやすくなる

ドリブルで相手陣地に入ってから
味方への鋭いパスができるのも
プロ選手たちの魅力の1つですが、

これをするためには
プレーしながらピッチを見渡すための
「視野」が必要になってきます。

単純なことかもしれませんが、
背中が丸まり過ぎていたり、
自身の体勢が崩されていたら
目線は下を向くし、
周りを見渡すことはできません。

また、プレー中に肩の力が入り過ぎていると

肩の筋肉とつながっている首周りや
顔、目の周りの筋肉にも
力が入り過ぎてしまい、

プレー中に目を楽に使うことが
難しくなる可能性があります。

 

ドリブル中はボールがある足元だけを
見るのではなく
顔を上げて周りを見ながら
プレーを行う必要があるので

背筋を伸ばす

かつ

目、顔、肩周りの力が抜けていること


重要なポイントになります。

 

強く、速く力が出す準備になる

これはどのような場面でも
共通することなのですが

人は背中が丸まり過ぎた
悪い姿勢のままだと
強い力を出したり
速く動くけなくなってしまいます。

分かりやすい例でいうと
背中を丸めた状態で
椅子に座っている姿を想像してください。

その状態で「できるだけ早く立ち上がって!」
と言われてもすぐに動けないですよね。

これは背中が丸まっていることで
立ち上がるために使う筋肉が
動きづらくなることが
原因なのですが、

立っている状態で姿勢が悪いと
脚を動かすための筋肉が動きづらくなります。

良い姿勢を作っておくことは
速く、強い力を出すための
大切な準備
になります。

 

良い姿勢を作るためには?

プレー中に良い姿勢を作るために
必要なことはたくさんありますが

多裂筋や大腰筋等の
体幹のインナーマッスルと呼ばれる筋肉が
使えているかどうかは重要な指標となります。


左側の画像の水色の部分が多裂筋
右側の画像が大腰筋です。

特に大腰筋

背骨を安定させるのに役立つ

脚を振り上げる動作にも役立つ

ので良い姿勢を保ったまま走ることや
ボールを蹴る動作をするサッカーにおいては
とても重要です。

 

大腰筋のトレーニングについては
以下の動画で確認できます。

このトレーニングをプレー前に
少し行うだけでも

身体の動かしやすさが変わると思います。

是非試してみてください!

 

また、腰のインナーマッスルについての記事はこちらからも読めます!

【姿勢維持のために超重要】腰のインナーマッスル“多裂筋”の正しい鍛え方

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

次回は③走りの緩急のコントロールが上手い
についてお伝えしていきます!

からだRe創作Motto
川島 由暉

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
運動能力をアップさせるためだけでなく
姿勢改善や怪我予防のための
適切なアドバイスを行います。

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、
その他スポーツパフォーマンス向上
および運動神経・身体能力アップのための個人指導を行います。

 

Instagram活性化中✨
https://www.instagram.com/motto.bodycare/
子供の身体能力を高めるコツ
Mottoのトレーニングをリールで紹介中

【期間限定❣公式LINEで無料アドバイス】
2023年2月末までの期間限定で
Instagramで紹介したトレーニングを
自宅でやってみたお子さんに
無料アドバイス企画実施中💕💕💕
詳細はこちらのブログをチェックしてね!

 

Youtubeチャンネル【Mottoスポーツ塾】
https://www.youtube.com/c/mottostudio
Mottoでお伝えしているトレーニングの一部を紹介しています!

 

 



PAGE TOP