なぜ赤ちゃんの時に這い這い(ハイハイ)が必要なのか!?

赤ちゃんの時にハイハイをしない子
が最近増えてきているようですが、

赤ちゃんの時のハイハイは、
いわゆる体幹トレーニングのようなもの

歩き始める前に、出来るだけ多く
やっておいた方がいい運動です??

では、いったい何故
ハイハイをすると良いのでしょうか?

 

運動神経を高める体幹トレーニングと
心を管理するメンタルトレーニングで

子供の姿勢を改善し笑顔を増やす
Motto代表のみゆきです(^^)/

 

私たちの体には、
骨に一番近いところ=体の深部に

姿勢を保持する筋肉がついていて
インナーマッスルと呼ばれています。

皮膚の表面から触れる筋肉は
力を発揮するアウターマッスルです。

 

バランスの良い姿勢を保持して
効率よく動くためには

このうちインナーマッスルの働きが
とても重要になるのですが、

赤ちゃんの時のハイハイは
このインナーマッスルを鍛えます。

 

ハイハイもずり這いも
インナーマッスルを上手く使うと

より素早く
移動することができるのです!!

 

Mottoのレッスンの時には
ハイハイを素早くする練習をしますが

インナーマッスルが使えない子は
小学生でも上手にハイハイが出来ず

余分な力をいっぱい使って動くので
全身がすぐに疲れてしまいます?

 

それでも何回か練習するうちに
どんどんスムーズに動けるようになり

インナーマッスルを使って
より速くハイハイが出来るようになります。

 

そんな風にトレーニングをして
インナーマッスルを使い始めると

姿勢が改善し、体を上手に使えるので
運動能力も向上します⤴⤴

体が発達段階にある赤ちゃんの時に
ハイハイをしておくことが重要ですが、

もし、やれていなかったとしても
小学生のうちなら間に合います!!

 

姿勢が悪かったり
運動が苦手なお子さんに 15

(ハイハイ5分って結構長いです)

ついでに
お父さんお母さんも一緒にハイハイすると

肩こりや腰痛予防にも
効果があるかもしれませんよ?

是非一度やってみてください✨✨

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
運動能力をアップさせるためだけでなく
姿勢改善や怪我予防のための
適切なアドバイスを行います。

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、
その他スポーツパフォーマンス向上
および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

 

facebookページ
https://www.facebook.com/motto.bodycare
活動報告などMottoの最新情報を配信!!
ページへのいいね!大歓迎です。

 

Youtubeチャンネル【みゆきスポーツ塾】
https://www.youtube.com/c/mottostudio
Mottoでお伝えしているトレーニングの一部を紹介しています!

 

Motto代表の個人ブログ
http://motto-wizard.com
主に、意図的に生きる意識の探究について綴っています。



PAGE TOP