学校のスポーツテスト『50m走を速く走るためのコツ』2 by岐阜Motto

ゴールデンウィークが明けたら
もうすぐ学校のスポーツテスト

スポーツテストに向けて
50m走を速く走るためのコツ

をお伝えしています。

前回の記事はこちら?

学校のスポーツテスト『50m走を速く走るためのコツ』by 岐阜Motto

柔軟でしなやかな姿勢とからだ作りで
運動中の怪我や身体の不調を予防し

子供の運動神経を高めるスタジオ
Motto代表のみゆきです(^^)/

 

実は、
脇の意識が使えるようになっても

まだ上手に腕をまっすぐには
振れないことがあります( ̄◇ ̄;)

腕を振っているつもりが
体幹がブレてしまうケースです?

 

速く走るためのコツ その②
〜体幹の安定性を高めること〜

“体幹の安定性を高める”と聞くと
どうしてもイメージしてしまうのは、

プランクポジションでの
体幹トレーニングではないでしょうか!?

このトレーニングは確かに有効ですが

まだ体の骨格が十分に出来上がっていない
小・中学生には不向きです。

逆に動くべきところまで固まってしまい
体がブレる原因となり得ます?

 

50m走を走っている時に
体幹を安定させてブレないようにするには

背骨の一つ一つが僅かに動く
余裕を持っている必要があります。

背骨が固まっていると
体幹ごと腕を振ることになるため

非常に効率が悪くなるからです。
(イメージ出来ますか!?)

 

背骨を動かすための体操は、
スパイラルストレッチがオススメです?


スパイラルストレッチでは、
主に鳩尾よりも下の背骨を動かします。

50m走を速く走るために
体幹の安定性を高めるためには、

鳩尾より上の背骨も
動いている必要があるので、

胸の回旋ストレッチも
もう一つオススメの体操です?

 

四つ這いになって、一方の肩を床に着き
もう片方の手を大きく広げます。

胸が天井の方に向くように
写真より大きく開いても大丈夫です?

それから胸の前で手を合わせて
肘を張って、胸を開きます。

両脚が開き過ぎたり
お尻の位置がズレたりしないよう行なってくださいね?

 

走る時に、肩が上がってしまい
腕を上手に振れないお子さんには

この2つめの体操が
かなりオススメです???

手を開いた時に、最初は倒れてしまう
こともあるかもしれませんが、

徐々に大きく開けるように
毎日少しずつ練習してくださいね?

 

次回は、
速く走るために最も重要な

50m速く走るためのコツ
〜股関節の回転を速くする〜

をお伝えしますね。

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
姿勢改善&ケガ予防だけでなく
運動能力をアップさせるための
適切なアドバイスを行います。

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、
その他スポーツパフォーマンス向上
および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

また、
心を管理する方法を学んで意図的に生きる
子供の可能性を伸ばす親のメンタルトレーニング、意識の扱い方についてもお伝えします。

 

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告などMottoの最新情報を配信!!
ページへのいいね!大歓迎です?

“心を管理する方法”について
Motto代表の個人ブログ
http://blog.motto-wizard.com



PAGE TOP