体験レッスン後にキック力が低下した理由は、柔軟性が向上したから!?

Mottoの初回体験レッスンから1週間。

キック力が低下して
コントロールも悪くなってしまった

というコウキくんの身体には
どんな変化が起こったのか!?

今日のブログは、
そのことについて書きますね!

前回のブログを読んでいない方は👇
体験レッスン後にキック力が落ちてしまった!?

柔軟でしなやかな姿勢とからだ作りで
子どもの笑顔を増やす【姿勢改善スタジオ】
Motto代表のみゆきです(^^)/

 

前回のブログで紹介したように、
ガチガチだったコウキくんの身体は、

1週間のトレーニングを経て、
全体的に力み感がなくなりました。

その結果

姿勢は良くなったし、
胸トラップがしやすくなった✨✨

けれども

キック力は落ちてしまったし、
コントロールもしにくくなった💦💦

 

実はこれって、
とても素直で嬉しい反応なんですよね!!

 

私たちの身体を構成している筋肉は、
骨と骨にまたがって付いていて、

筋肉が伸びたり縮んだりすることで
関節が動いて、体を動かしています。

いくつもの筋肉が複雑に作用しあって
体を自由自在に動かすことが出来ていますが、

筋肉は伸び縮みする際に
使える幅が決まっています。

身体が固まっていると
この使える幅は狭くなっています😱

身体が柔らかくなると
筋肉の幅は長くなりますが、

ここで気を付けたいのは、
筋肉の幅が広くなったからと言って

その広がった幅全部を
すぐに使える訳ではないってことです⚠⚠

 

筋肉の幅が広くなり、
その幅を使えるようにするための
トレーニングが必要です💡

 

コウキくんの場合は、

初回体験レッスンで伝えた体操をして
筋肉の幅が広がったけれど、

まだその広がった幅の筋肉を十分使えるように
するためのトレーニングをしていないので、

自分の体を思うようにコントロールできずに
キック力が落ちてしまったんですよね😓

 

身体が固まったままだと、
それ以上は上達のしようがないし、
怪我の原因にもなってしまうので、

まずは筋肉の動く幅を広くしてから、
その範囲でちゃんと使えるようにしていくこと

これは

上手な体の使い方を習得するために
とても重要な過程です💡💡

 

あなたのお子さんの身体は、
使える幅が狭くなっていませんか!?

使える幅が狭いと怪我の原因にもなるし、
運動能力も伸び悩みます。

まずは、
その幅を広げてあげるところから!!

気になる方は、
お気軽にご相談くださいね😉

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

初回体験レッスン受付中

お子さんの体の特徴を詳しく分析!
姿勢改善&ケガ予防だけでなく
運動能力をアップさせるための
適切なアドバイスを行います。

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上
および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

子どもの成長に役立つ情報を配信している
アプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp
毎週火曜日夜7時に配信📨
12月の【アプリ限定コラム】は、
“速く走るための準備運動”です。
さらに、毎週金曜日には、
Mottoのトレーニング動画も配信中⤴⤴

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告などMottoの最新情報を配信!!
ページへのいいね!大歓迎です💕

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/

関連記事一覧

PAGE TOP