「踵から着いて歩く」本当の理由

昨日は週に1回、
高齢者の方への運動指導の日。

歩き方の指導をしながら
ふと気付いたことがありました。

Motto代表のみゆきです(^^)/

 

歩き方の指導で、よく言われる
「踵から着いて、つま先で蹴る」

理学療法士なら必ず勉強する歩行周期。

⇧「基礎運動学 第5版」より引用

私が勉強した頃は、

  • ・踵接地(踵を接地する時)
  • ・踵離地(踵が離れる時)
  • ・足尖離地(つま先が離れる時)

って言葉がありました。

今は、ちょっと変わっているようですが
勉強不足なので、そこは割愛。笑

とにかく、
「踵から着いて、つま先で蹴る」

が歩き方の基本で、
大抵そのように指導します。

 

今更ながらそこに疑問を感じて
ネットで少し調べてみたら、

「踵で着く歩き方は間違っている」
「踵を着くから膝が痛くなる」
「いや、やはり踵から着くべきだ」

などなど。

賛否両論の意見が展開されていて
面白いなぁと思って

意見が分かれてしまう理由を考えてみました。

 

ここからは私の考えです。

「踵から着いて、つま先で蹴る」

これは、正しく歩いた時の結果であって、
正しく歩く方法ではないのです。

 

この言葉だけを実践して歩いてみると、
2パターンの歩き方が出来ます。

【歩き方①】

前ももに力を入れて、
膝を伸ばしたまま踵を接地し、

膝のまわりに力を入れたまま
ふくらはぎに力を入れて

つま先で蹴りだす歩き方

【歩き方②】

踵を着いた瞬間から
もも裏の筋肉で膝を曲げて衝撃を吸収し、

股関節を支点とした重心移動によって
ふくらはぎで蹴りだすことなく

前方への推進力を生みだす歩き方

 

どちらの歩き方も
「踵から着いて、つま先で蹴る」

ように見えるのは、変わりません。

(厳密には、歩き方⓶の場合は、
つま先で“蹴る”訳ではないですが、
見かけ上はそのように見えます。)

しかし、これら2種類の歩き方は
全く違います!!!

歩き方⓵の方法で歩けば、
膝や腰が痛くなるかもしれません。

歩き方⓶の方が理想的です☝

 

昨日私は、高齢者の方に
歩き方の指導をしていた時、

もも裏をしっかり使ってほしくて

「踵から前に出すように」
という表現で指示を出しました。

だけど、それは

もも裏がある程度使えているという
前提条件があるからこそ成立するだけで、

もも裏が全然使えていない人に
同じ指示を出したら、

歩き方⓵になってしまうでしょうね😅

 

なんかちょっと難しい話になってきましたが、

つまり、

姿勢も歩き方も
あらゆる運動の動作も

見かけ上の形だけを真似してもダメ

ってことです。

理想的な筋肉の使い方
までを習得できてこそ

本当に理想的な姿勢や歩き方を
獲得することができます💡

*見よう見真似で姿勢を直しても全然良くならない💦

*正しい姿勢を保とうとするとすぐに疲れてしまう💦

と言う方は、
見た目は修正できても、

筋肉の使い方が
間違っているかもしれませんね。

 

Mottoでは、

使うべき筋肉と休めるべき筋肉
をしっかりと使い分けて

姿勢を根本から改善していきます。

お子さんの姿勢が気になる方
まずは体験レッスンからお試しください。

 

からだRe創作Motto
臼井 美由紀

初回体験レッスン受付中

詳しくはこちら

6月中に限り、1日1名様限定!
通常¥ 5,400 ⇒  ¥4,200 (税込)
※「ブログを見た」とお伝えください。

子どもの体軸グループレッスン

6月25日(日)開催

詳しくはこちら

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

からだRe創作Mottoでは、
速く走るため、姿勢改善、柔軟性向上、その他スポーツパフォーマンス向上
および運動能力・運動神経アップのための個人指導を行います。

体験会やケガを予防するための保護者向けセミナーなども開催していく予定です。

子どもの成長に役立つ情報を配信している
アプリダウンロードはこちら
http://s.remotto-bodycare.com/xS9vDp
毎週火曜日夜7時に配信📨
5月の【アプリ限定コラム】は、
熱中症の対策と予防法についてです。

facebookページ
https://m.facebook.com/motto.genki/
活動報告などMottoの最新情報を配信!!
ページへのいいね!大歓迎です💕

Motto代表の個人ブログ
http://miyukid325.blog137.fc2.com/

関連記事一覧

PAGE TOP